ホーム > 投資・FX > 勢い注文はダメ

勢い注文はダメ

実際にコンピュータのディスプレイの前でいつも変化している為替レートを見ていると、理由無く売買をしたくなるという抑えようの無い感情に影響される方も少なくないだろう。

 

しかし、はっきりしない思いで注文することは絶対に避けてほしい。

 

知っての通り、市場は終日どういう時でもいずれかの為替市場がオープンしているし、マーケットも常時変動しています。

 

しかし、だからといって頻繁に売買を積み重ねると、それだけでマイナスになる確率が高くなってしまいます。

 

当然の事ながら、取引の回数を増やすことによってじょじょに稼げる確率か50%、50%になっていきます。

 

しかしこの事実は「はっきりしないアイデアで注文」することとは別の話です。

 

売り買いの回数を重ねる意味というのは自分で「ここはいける」と考える勝機を得た状況でのエントリー回数を積むという意味である。

 

何となく、絶え間なく売買を重ねるのとは明確に違う。

 

FXの戦いに勝利するためには白分で考えて緩急をつけることこそが必要です。

 

「ここで勝負」とよく考えたマーケットの時にはいっそ所持ポジションを多くして、思い切り利益を追い求めます。

 

「かなり難しい市場で、どう推移するのか予想できないな」と思った時は、諦めて売買ポジションをすべて見切りをつけて何もせず静観します。

 

これくらいのけじめをつけた方がエントリーはうまくいくものだ。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

実に言葉どおりだと感じます。


関連記事

  1. 価値観の違いは大きい

    実際にまだ離婚はしていませんが、この結婚は失敗だったとつくづく感じている現在です...

  2. 勢い注文はダメ

    実際にコンピュータのディスプレイの前でいつも変化している為替レートを見ていると、...